大和町土砂崩れ現場の地図

 佐賀市は19日、記録的な大雨で大和町久池井の山林で起きた約1500メートルの土石流の被害について発表した。ミカンを栽培するビニールハウス、長崎自動車道の下にある水路などに土砂が流入したという。人的被害は出ておらず、市は「まだ写真の撮影にとどまっており、詳しい確認はこれから」としている。

 同町久留間横馬場のミカン畑で地滑りが発生していたことも報告した。畑の所有者が15日に確認しており、19日には亀裂の広がり方を調べる観測くいを打ったという。(大田浩司)

このエントリーをはてなブックマークに追加