嬉野市は、嬉野と塩田の2庁舎体制から1庁舎に移行するとした市庁舎整備の基本構想案をとりまとめ、パブリックコメント(意見公募)を実施している。地域ごとの市民説明会も9月2日から始める。

 基本構想案では、新庁舎を現嬉野庁舎(周辺エリアを含む)の場所に整備するとしている。同案は塩田庁舎の市企画政策課と嬉野庁舎の総務・防災課で閲覧できるほか、ホームページでも公開。パブリックコメントはは9月15日まで受け付ける。

 市民説明会は9月2~22日の間に地区ごとに計10回、市中央公民館、市中央体育館(U-spo)などで開く。時間は各回とも午後8時~同9時半。

 パブリックコメントと市民説明会、庁舎のあり方検討委員会の議論や議会の議決を経て、基本構想を策定。2021年度内に基本計画に着手し、26年度の供用開始を目指す予定にしている。(古賀真理子)

このエントリーをはてなブックマークに追加