佐賀県は18日、県内全域の飲食店に午後9時までの営業時間短縮を要請することを決めた。感染拡大が特に深刻な旧唐津市は1時間早い午後8時までとする。期間は20日から31日までの12日間。

 また、これまで感染者全員に病院への入院かホテル療養で対応してきたが、逼迫(ひっぱく)する医療環境を守るため、自宅療養を導入する。自宅療養の対象は低リスクの陽性者で、ホテルに準じた健康観察を実施する。
 これらは、いずれも県独自の「医療環境を守るための非常警戒措置」の発令に伴う取り組み。

 18日に新たに確認された新型コロナウイルスの感染者は、過去最多の182人だったと発表した。

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加