佐賀県は16日、県内で断続的に降り続いた大雨で被災した中小企業や小規模事業者の資金繰りを支援しようと、県の制度金融に「災害復旧資金」を創設した。融資限度額は3千万円で、貸付利率は年0・9%。17日から来年3月31日まで、最寄りの商工会議所、商工会などで受け付ける。

 被災に伴う設備投資の資金、復旧や事業再開などに必要な運転資金が対象。貸付期間は10年以内で、元金返済が猶予される据え置き期間は2年以内。保証料は県が全額負担する。申請には市町が発行する罹災(りさい)証明書などが必要になる。

 問い合わせは県産業政策課、電話0952(25)7093。平日午前9時から午後5時まで。(岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加