問い合わせ先電話番号_金融機関

 福岡財務支局佐賀財務事務所、日本銀行福岡支店は16日、大雨の被害で災害救助法が適用された武雄市、嬉野市、大町町の被災者に対し、状況に応じて適切な金融上の措置を講じるよう金融機関、証券会社、保険会社に要請した。

 金融機関には預金証書、通帳を紛失した場合でも、預金者であることを確認して払い戻しに応じることなどを求めた。保険会社には迅速な保険金の支払いや保険料の払込猶予措置などを要請している。

 佐賀共栄銀行と県信用金庫協会は16日にこの措置をとることを発表し、他の金融機関でも同様の対応を検討している。日本損害保険協会九州支部や、日本郵政グループも要請に沿って対応する。

 このほか、佐賀銀行と佐賀共栄銀行は大雨の被害を受けたり、影響があった事業者や個人を対象に、事業の借り入れや住宅ローンの新規利用、すでに借り入れ分の返済方法などについて幅広く相談できる窓口を16日に設置した。

 各窓口の電話番号は画像参照。

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加