豊島耕一代表(左)から要望・質問書を受け取る県原子力安全対策課の横田英治参事=県庁

 九州電力玄海原発(東松浦郡玄海町)の使用済み核燃料の保管量を増やす乾式貯蔵施設に関し、反原発団体「さよなら原発!佐賀連絡会」(豊島耕一代表)が16日、佐賀県に要望・質問書を提出した。県による事前了解の判断を前に、県民を対象とした説明会の開催などを求めている。

 乾式貯蔵施設は、使用済み核燃料を特殊な金属容器(キャスク)に入れ、空気の流れで冷やす。要望書では「技術的に安全かという問題だけではなく、使用済み燃料が玄海町でたまり続けていいのかなど地域の今後の在り方を含む問題」とし、賛成と反対の立場の専門家を交えた講演・討論会の開催や県の考えの公表、県民向け説明会の開催を求めた。

 県庁で豊島代表が県原子力安全対策課の横田英治参事に要望書を手渡した。横田参事は「要望と質問は知事にも伝え、担当課として検討してお答えしたい」と述べた。敷地内に設置する九電の計画は、原子力規制委員会が4月下旬に許可し、県と玄海町には九電から事前了解願が出されている。(円田浩二)