オーストラリア原産の大型鳥・エミューの飼育を通して、耕作放棄地対策や地域活性化に取り組んでいる基山町が29日午後1時から、町民会館で「エミューシンポジウムinきやま」を開く。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加