鹿島市の鹿島高校(井手口芳季校長)は、開校120周年を締めくくる行事として“クリーンアップ作戦”を実施した。活動には全校生徒と教職員約640人が参加し、学校周辺の落ち葉などを拾い集めきれいにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加