九州電力は15日までに、玄海原発(東松浦郡玄海町)内での工事に従事する請負会社の30~50代の男性社員4人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 九電によると、13日に感染が確認された30代男性は10日、40代男性は11日まで工事に従事し、14日に感染が分かった30代男性は11日、50代男性は12日まで勤務した。4人とも医療機関の検査で判明した。

 4人と接触した可能性がある計44人の検査について、九電は「保健所の指導を含めて検討する」としている。

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加