佐賀市が清掃工場(高木瀬)で進めるバイオマス事業に関し、昨年8月下旬に稼働した二酸化炭素(CO2)分離回収装置の昨年度のCO2売却収入は24万円で、見込みの3%にとどまっていたことが29日、分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加