■若者の流出対策不可欠 1970年代、まちの繁栄を支えた基幹産業の炭鉱がすべて閉山し、今も衰退の歯止めがかからない多久市。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加