■主従から対等へ自立模索 日本国憲法は第8章「地方自治」で、地方自治体が住民の意思に基づいて政治を行うことを保障しているが、住民が望む暮らしと政府が主張する「国益」が一致しない場合がある。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加