前線が停滞する影響で、13日にかけては西日本で、同日以降は東日本や北日本も含む広い範囲で梅雨末期のような大雨になる恐れがある。気象庁は11日、土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。 台風9号や台風から変わった温帯低気圧による大雨で地盤が緩んだ地域では特に注意が必要だ。