低気圧の影響で崩落した青森県むつ市の小赤川橋周辺=11日午後3時52分(共同通信社機から)

 気象庁の庁舎

 前線が停滞する影響で、13日にかけては西日本で、同日以降は東日本や北日本も含む広い範囲で梅雨末期のような大雨になる恐れがある。気象庁は11日、土砂災害や浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。

 台風9号や台風から変わった温帯低気圧による大雨で地盤が緩んだ地域では特に注意が必要だ。前線付近や前線の南側では、積乱雲が連続発生して同じ場所に雨が降り続ける「線状降水帯」が発生する可能性もある。

 気象庁によると、大陸から延びる前線は12日には対馬海峡から山陰沖、北陸、関東甲信に達し、その後も来週にかけて日本付近に停滞するとみられる。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加