東明館高が開校した1988年と同時に野球部は創部した。グラウンドにはわずか6人。練習試合すら組めなかったチームは、古賀洋部長と豊福弘太監督による二人三脚の指導によって夢の舞台へとたどり着いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加