作品を手にする江北中美術部員

 江北中(江北町)の美術部は、本年度に1年生が22人も入部し、現在47人となりました。生徒会役員も務めながら大人数の部員をしっかりとまとめている3年の部長、溝口彩音さん(14)は「部員みんな、ワイワイと仲良くしています」と話します。

 「楽しんで描くことが一番大事」という顧問の村山裕先生の指導を受け、部員たちは熱心に絵に向かってきました。それぞれが作品を仕上げ、7月30日から8月1日まで武雄市文化会館で開かれた中学校美術部による展覧会「Art Club Exhibition 」に出品しました。

 これからは10月に予定されている文化発表会に向けて、アートパネルや個人作品の制作に取り組みます。

(地域レポーター・武富由美=江北町)

このエントリーをはてなブックマークに追加