少雨の影響で貯水率が低くなった嘉瀬川ダム=佐賀市富士町、4日午後6時ごろ

 国土交通省武雄河川事務所は、5日から7市町で嘉瀬川ダムの取水制限を実施するに当たり、同事務所に渇水対策支部を設置した。

 4日にダムの利水者や関係機関でつくる渇水調整協議会で、取水制限や水量減量の措置を決めたことを受け関係自治体や企業との情報共有、連携の窓口となる。嘉瀬川下流域の官人橋(佐賀市大和町)付近の水量を定期的に確認し、今後の対応にも備える。

 取水制限は佐賀、小城、多久、武雄の4市と大町、白石、江北の3町で実施し、嘉瀬川ダムから下流域に流す水量も30%減量する。ダムの貯水率は28・3%(3日午前0時時点)で、8月としては過去最低になっている。(澤登滋)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加