重症以外は自宅療養という政府の方針に対して、佐賀県の医療体制の確認をする山口祥義知事(右)=3日午後、佐賀県庁

 新型コロナウイルス患者の入院要件を厳格化した政府方針を巡り、佐賀県の山口祥義知事は3日、「今の体制が堅持できるように取り組んでいく」と述べ、佐賀では入院などの医療提供体制をこれまで通り継続する考えを示した。同日の県対策本部会議で言及した。佐賀県では中等症以上の患者に加え、軽症や無症状でも医師が必要と判断した場合は入院する措置を取っている。

 政府は従来、中等症以上を原則入院としてきたが、感染急拡大地域では、入院対象を重症者や重症化するリスクが高い人に限定し、それ以外は自宅療養を基本とする方針に転換した。

 山口知事は、軽症・無症状の人たちをホテルで療養するといった県の仕組みを踏まえ「今のこの体制でやれるところまで機能させ、本当にひどい状況になったら参考にする」とした。

 医療提供体制の新たな方針は、国が近く各都道府県に通知する予定。これを受けて各自治体が判断することになる。(岩本大志)

【関連記事】
このエントリーをはてなブックマークに追加