貯金が底をつき財布の中は1000円だけ。無人の神社のさい銭箱から現金約7500円を盗んだ40代の男性被告は、ほぼ決まっていた働き口に勤めるまでのつなぎの生活費に窮していた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加