5日にオープンする「HIヒロセ スーパーコンボ多久店」。佐賀県内への出店は初めてとなる=多久市北多久町小侍

 格安食品スーパーやホームセンター(HC)が一体となった「HIヒロセ スーパーコンボ多久店」が5日、多久市北多久町小侍にオープンする。大分や熊本など九州5県で36店舗を展開する「ホームインプルーブメントひろせ(HIヒロセ)」(本社・大分市)が佐賀県内に初めて出店。食品スーパーなどがあった旧店舗を改装し、生鮮食品売り場やペットショップ、総菜の専門店も入る。商圏は多久市に加え、隣接の唐津市や武雄市も見込む。

 売り場面積は約6900平方メートル。作業服やインテリア・園芸用品、家電も扱う。旧店舗には、6月中旬まで食品などを扱う「フードウェイ」が核店舗として出店していた。

 格安食品スーパー「業務スーパー」は、神戸物産(本社・兵庫県加古川市)のフランチャイズ店で、同社の工場から商品を直接仕入れることなどでコストを抑え、低価格販売を打ち出している。総菜は同社が開発した商品も並べ、ペットショップはトリミングや一時預かりにも対応する。

 多久店と同様の形態は18店舗目で、従業員数は新規採用のパート、アルバイトを含め63人。既存のテナントのフィットネスクラブや100円ショップ、クリーニング店は営業を続ける。

 HIヒロセは多久市への進出について「市内で最大の店舗で品ぞろえも多様なため、まとまった集客が期待できる」と説明。大分や長崎の既存店や物流倉庫の中間に位置し、商品の輸送コストを抑えられる利点もあるとしている。

 営業時間は午前9時~午後9時(5日は午前8時開店)。敷地面積は約2万5千平方メートル、駐車場660台を備える。(谷口大輔)

このエントリーをはてなブックマークに追加