男子板飛び込み準決勝で、6度目の出場となる40歳の寺内健(ミキハウス)が424・50点の7位となり、2008年北京五輪以来となる決勝進出を果たした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加