新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、介護・福祉系学科がある佐賀県内の高校が、生徒たちの介護実習の時間確保に努めている。現場での体験が自信ややる気につながり、職業選択にも大きく関わってくるためだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加