日本慢性看護学会の第15回学術集会(会長・古賀明美佐賀大医学部看護学科教授)が、8月28日から9月17日までウェブ開催される。講演やシンポジウムを通じて、慢性病の人が尊重される看護について考えを深める。参加者を募集している。

 講演は、古賀会長が「慢性病患者の豊かな人生をつむぐ地域医療連携」の演題で話すほか、看護の役割や治療と仕事の両立支援などのテーマで行われる。シンポジウムは地域での看護などについて話し合う。

 講演などは、参加者との交流を深めるため、それぞれ1週目に質問を受け付け、3週目に回答する予定にしている。

 問い合わせは佐賀大医学部看護学科、ファクス0952(34)2546、またはメール2021mansei15@ml.cc.saga-u.ac.jpで受け付ける。(石黒孝)

このエントリーをはてなブックマークに追加