オンラインで開かれた全国知事会の新型コロナ対策本部の会合。画面左上は会長の飯泉嘉門徳島県知事、右下は平井伸治鳥取県知事=1日午後、東京都千代田区

 全国知事会は1日、新型コロナウイルス対策本部の会合をオンラインで開いた。感染力の強いデルタ株への危機感を訴え、国と地方が一体となりスピード感をもって抑え込むことが急務だとの見解で一致。人の移動が増えるお盆や夏休み中の感染拡大を防ぐため、都道府県境を越える旅行・帰省は原則として中止するよう呼び掛ける国民向けメッセージもまとめた。

 会合には知事44人が出席。平井伸治本部長代行(鳥取県知事)は、デルタ株の流行で保健所や医療現場が対応力の限界を迎えているとして「感染爆発と言っても過言ではない危機にひんしている」と強調した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加