ホッケー女子日本代表“さくらジャパン”の予選リーグ最終戦となった31日のスペイン戦。1-4の劣勢で迎えた第4クオーター終盤、FW鳥山麻衣選手(26)=伊万里市出身=は、諦めることなく全力でボールを追い続けた。だが、抜群のスピードを誇る“点取り屋”も相手の堅い守備を崩すことはできず、無情にも夢舞台の終わりを告げるホーンが鳴り響いた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加