陸上男子200メートルで優勝し、ガッツポーズする田中翔大(佐賀工)=福井市の9.98スタジアム

 全国高校総合体育大会「北信越総体2021」は31日、福井市の9・98スタジアムなどで行われ、陸上男子200メートルで田中翔大(佐賀工3年)が20秒84(追い風参考)で優勝した。佐賀県勢の同種目の優勝は、唐津東高出身で、順天堂大陸上部部長などを務めた佐久間和彦さん以来、51年ぶり。

 田中は予選を21秒36、準決勝を20秒92(追い風参考)で通過。決勝も持ち前の鋭い加速で混戦を抜け出した。(古川公弥)

このエントリーをはてなブックマークに追加