相談内容に応じて関係する専門士が対応した無料相談会=佐賀市の県弁護士会館

 県専門士業団体連絡協議会の各専門士が集い、連携して対応する無料相談会が7月31日、佐賀市の県弁護士会館であった。8士業11人の相談員が、遺産相続や法人設立の手続きなど11件の悩み相談に当たった。

 対応したのは弁護士、税理士、司法書士、行政書士、社会保険労務士、土地家屋調査士、不動産鑑定士、中小企業診断士の8士業。事前予約制で予約時に相談のあらましを聞き、内容によっては複数の相談員で対応し知恵を出し合った。

 本年度運営の中心を担った佐野康隆税理士によると、遺産相続や遺言、開業に関する手続きなどの相談が中心だった。昨年度は新型コロナウイルスの影響で事業の資金繰りや補助金・助成金の申請などに関する相談が多かったという。佐野税理士は「コロナ関係の相談は少し落ち着いてきたのかもしれない。いろいろな知恵を出し合い、その場ですぐに対応できるのがメリット」と話していた。(志垣直哉)

このエントリーをはてなブックマークに追加