感謝状が贈られた富崎祐司さん、有紀さん夫妻=小城市の小城署

泉敬一郎署長(左)から感謝状を受け取る富崎祐司さん。隣は妻の有紀さん=小城市の小城署

 小城署は27日、高齢女性の早期保護に貢献したとして、多久市の富崎祐司さん(48)、有紀さん(55)夫妻に感謝状を贈った。

 同署によると、2人は6日夜、多久市内で買い物に向かう途中、70代女性が両腕と両足を地面に付いて道路を歩く姿を見た。有紀さんが声を掛け、車で自宅まで送ろうとしたが、住所などが分からず、多久幹部派出所に届け出た。

 現場は女性の自宅から約1・3キロ離れ、周辺に街灯はなく、雨も降り出していたという。同署で泉敬一郎署長から感謝状を受け取った2人は「一度は車で通り過ぎたが、『やっぱりおかしい』と話して戻った。あの時声を掛けてよかった」と話した。(松岡蒼大)

このエントリーをはてなブックマークに追加