小城市商工会は、例年11月に同市牛津町で開いている「牛津産業まつり」の開催を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染が再拡大している状況を考慮し、21日の役員会と実行委員会で昨年に続く中止を決めた。

 長崎街道の宿場町だった江戸時代の活況を再現しようと、商店街を歩行者天国にし、例年約100店舗の出店が並ぶ。2019年で39回を数え、山本康徳商工会長は「大規模ではなくても、地域の元気アップに少しでも貢献できるように代わりの催しを企画し、節目となる次回に向けた機運を高めたい」と話している。(谷口大輔) 

このエントリーをはてなブックマークに追加