トランスジェンダー女性選手の五輪出場について取材に応じるIOCの担当者=30日午後、東京都江東区のメインプレスセンター

 国際オリンピック委員会(IOC)は30日、東京五輪の重量挙げ女子87キロ超級に五輪史上初めてトランスジェンダー女性であることを公表して出場するローレル・ハバード(ニュージーランド)を巡って報道各社の取材に応じ、トランス女性選手の女子競技参加の新たな枠組みを年内にも各国際競技連盟(IF)に示すと明らかにした。

 性別適合手術で女性になったハバードは8月2日の競技を前に「五輪は私たちの希望、理想、価値観を世界的に祝うものだ。IOCがスポーツを包摂的で身近なものにしようとしていることを称賛したい」とニュージーランド・オリンピック委員会を通じてコメントした。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加