東松浦郡玄海町は30日、支払い業務の遅延などの職務怠慢があったとして、町教育課の30代男性職員を戒告の懲戒処分にしたと発表した。

 教育課によると男性職員は、母子家庭などの世帯に支給する準要保護費の支払いを1月と4月の2回、いずれも3日間遅延させた。3月には、奨学金の受け取りが決定した世帯への貸付決定通知書の発送を2週間怠った。

 男性職員は「事務処理が遅れ、申し訳ない」と話しているという。教育課の係長と課長は、教育長から口頭注意の処分を受けた。(中村健人)

このエントリーをはてなブックマークに追加