共栄火災海上保険の石戸谷浩徳社長(61)は30日までに共同通信のインタビューに応じ、気象災害の激甚化を念頭に「(火災保険の)損害調査を、より効率的でスピーディーなものにする」との考えを示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加