羽田空港に駐機する全日空機

 ANAホールディングスが30日発表した2021年4~6月期連結決算は純損益が511億円の赤字だった。人員配置の見直しなどの経費削減が進み、赤字は新型コロナウイルス禍で最大だった前年同期の1088億円からほぼ半減した。

 売上高は63・6%増の1989億円だった。国際線は出入国制限でほとんど運航できない状態が続いたが、国内線の旅客数が回復基調にあることが貢献した。

 22年3月期は純損益が35億円の黒字になるとの予想は据え置いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加