オンラインで橋本康志市長と意見交換する鳥栖中の生徒たち

 鳥栖市(とすし)の橋本康志(やすし)市長が市民と語る「ふれあいトーキング」が19日、鳥栖(とす)中とオンラインで開かれました。3年生の生徒会役員5人と意見を交(か)わし、市の未来像(ぞう)に関する質問(しつもん)には「若(わか)い人が夢(ゆめ)を描(えが)けて、人が活発に行き来するまちにしたい」と語りました。
 2007年に始め、107回目。新型コロナウイルスの感染予防(かんせんよぼう)のため昨年1月から休止していましたが、テレビ会議アプリ「ズーム」を使って中学校を対象に再開(さいかい)しました。
 公務員(こうむいん)志望(しぼう)の生徒に、橋本市長はAI(人工知能(ちのう))による業務効率(ぎょうむこうりつ)化で「公務員の姿(すがた)も変わると思う」としつつ、「困(こま)ったときに相談を受け、一人一人に寄(よ)り添(そ)って支援(しえん)するのは変わらない」とアドバイス。「九州の中の鳥栖」という尺度(しゃくど)を持ち、災害(さいがい)時には復興(ふっこう)をバックアップする役割(やくわり)が鳥栖にはあると説明しました。
 生徒会長の小島拓海(たくみ)さんは「『失敗を恐(おそ)れず挑(ちょう)戦(せん)する』『今やれることを一生懸命(いっしょうけんめい)頑張(がんば)って、後悔(こうかい)しない』という言葉が印象に残った」と話しました。ふれあいトーキングは8月までに市内計5校とオンラインで行います。(7月24日付15面・樋渡光憲)

このエントリーをはてなブックマークに追加