【マニラ共同】米国防長官とフィリピン国防相は30日、フィリピンが破棄を通告していた同国での米兵の法的地位を定めた「訪問軍地位協定」について、今後も維持されると明らかにした。会談後の記者会見で述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加