暑い! 気温30度を「大したことない」と言ってしまいそうな酷暑が続く。この暑さの中で頑張ってくれる人たちがいる。屋外での仕事お疲れさまです。東京五輪の選手には感動をありがとう◆日本の観測史上最高気温は41・1度。2018年7月23日に埼玉県熊谷市で、昨年8月17日に静岡県浜松市でも記録した。佐賀県では1994年7月16日に観測した39・6度が過去最高だ◆世界最高気温は、1913年7月10日に米国デスバレーで記録した56・7度。デスバレーでは今月上旬にも54・4度を記録した◆生死にかかわるこの暑さ、意外に身近な場所に潜む。それは車の中。外気温30度で車内は60度にもなるという。なのに、幼い子どもを残して車を離れ、悲しい事件が起きる。今月も千葉県内で車内に放置された1歳女児が熱中症で亡くなった。環境省と気象庁が4月から全国で運用を始めた熱中症「警戒アラート」も連日発表されている。短時間でも車に子どもを置いていかないで◆危険な暑さは増えてきたが、それでも筆者は冬より夏が好き。海、山、川、キャンプに花火。日焼けの跡を競うように遊んだ夏の思い出は多い。自分の力ではどうにもならない天気を憂えても仕方ない。同じ夏も巡ってこない。ならば盛夏の今を楽しもう。でも無理はせず、くれぐれも水分補給を忘れずに。(義)

下記のボタンを押すと、AIが読み上げる有明抄を聞くことができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加