「ミモザのピスタチオバスクチーズケーキ」(715円、テイクアウト702円)。売り切れる日もあるので予約がおすすめ

生花や雑貨、食器を販売、カフェも併設する「Rela」。ウエディングにも対応している

左から「マリトッツォピスタチオ」「ピスタチオクロワッサンダマンド」(いずれも1個290円)。マリトッツォは昼頃、クロワッサンダマンドは朝イチが狙い目

約80種類のパンを提供する「BAKERY M’s」。取り置き可

「イタリア産ピスタチオのカヌレ」(2個464円)。小ぶりなので食後のデザートにもぴったり

総菜や菓子、加工品など“佐賀のおいしいもの”が並ぶ「cosa」。カヌレの味は販売日によって変わるのでSNSを要チェック

 ここ数年、人気上昇中のピスタチオ。“ナッツの女王”とも呼ばれる鮮やかな緑色のピスタチオは、ケーキやアイスの材料に使ったり、酒のつまみとしても愛されてきました。国内消費量は年々増加し、最近は菓子メーカー各社からピスタチオ味のアイスやチョコが続々登場。佐賀県内の飲食店でもピスタチオスイーツが注目を集めています。

 色とりどりのドライフラワーに囲まれた「Rela」(佐賀市)では、「ミモザのピスタチオバスクチーズケーキ」を提供。名前の通り、まるで本物のミモザの花のような、黄色く色付けしたサクサクのクランブルをまとった美しいケーキです。しっとりなめらかな口当たりで、焦げ目の香ばしさ、クリームチーズの酸味、後からやってくるピスタチオの風味が絶妙なバランスです。ピスタチオアイスがのった「キャラメルピスタチオパフェ」もおすすめ。

 話題のスイーツパンを販売するのは、人気ベーカリー「BAKERY M’s」(佐賀市)。迫力ある見た目の「マリトッツォピスタチオ」は、口どけの良いブリオッシュ生地に、2種類の生クリーム、ピスタチオペーストなどを混ぜ合わせたクリームをたっぷり。パンもクリームも軽いのでペロリと食べられます。店に並べるとすぐに売り切れるという「ピスタチオクロワッサンダマンド」は、ピスタチオ入りの自家製アーモンドクリームを、クロワッサンの表面や中にプラス。アーモンドスライスをちらして香ばしく焼き上げています。サクッとした表面と甘さのあるクリームを楽しみましょう。

 デリカテッセン&ゲストハウス「cosa」(佐賀市)では、毎週日曜日にカヌレを販売。そのフレーバーのひとつが、イタリア産ピスタチオペースト入りのカヌレです。艶やかな茶色、中に隠れている鮮やかなピスタチオグリーンにうっとり。イタリア料理店も営むオーナーシェフの富永茂樹さんが、絶妙な温度管理で仕上げた本格派です。表面のカリカリ感、中身のねっとりとしたやわらかさを堪能してください。

 さまざまな素材と相性の良い、ほんのりとコクのある上品な甘さのピスタチオ。各店のこだわりが詰まったピスタチオスイーツを召し上がれ。(清川千穂)

 

flower style Rela(リラ)

[住]佐賀市大財3-1-9

[電]0952-37-5529

[時]11時~19時

[休]水曜 ※8月は火曜も休み(姉妹店「Lazuli」は営業)

[P]7台

[IG]rela_lazuli

 

BAKERY M’s(エムズ)

[住]佐賀市西与賀町厘外1444-9-2

[電]0952-23-7355

[時]8時~18時(なくなり次第閉店)

   ※日曜は~14時

[休]火曜+不定

[P]あり

[IG]bakery_ms.b

 

cosa(コサ)

[住]佐賀市中央本町2?22

[電]0952-37-9929

[時]11時~18時

[休]火曜

[P]近隣に有料Pあり

[IG]cosa_info

このエントリーをはてなブックマークに追加