イケマコの「純米大吟醸酒AI」

 佐賀市川副町の農業生産法人イケマコは、先端技術を駆使して栽培した「残留農薬不検出」の米で作った日本酒「純米大吟醸酒AI」を販売しています。

 原材料の米についてイケマコは「県産米さがびよりをAI(人工知能)やドローン(小型無人機)を駆使して育てました。残留農薬不検出の、体に優しいお米です」と話します。ほんのりフルーティーな味わいと、すっと流れる喉ごしは料理の味を引き立てるといいます。数量限定で、価格は2200円(720ミリリットル入り)。イケマコの店舗(午前9時~午後5時まで)で購入できます。問い合わせは0952(45)0460。(志波知佳)

このエントリーをはてなブックマークに追加