「ミュージカル『衛生』~リズム&バキューム~」に出演する江見ひかるさん(提供写真)

 鳥栖市出身の江見ひかるさん(28)が出演する「ミュージカル『衛生』~リズム&バキューム~」が、8月9日から11日まで久留米市六ツ門町の久留米シティプラザで上演される。古田新太さんら有名俳優が顔をそろえる型破りなミュージカルで、江見さんは「これを逃したら、こんなミュージカルには出会えない」と力を込める。

 

 し尿くみ取り業者の社長を古田さん、その息子を尾上右近さんが演じる。社長息子に恋人を奪われる従業員役に石田明さん(NON STYLE)、略奪された恋人役に咲妃みゆさん(元宝塚歌劇団)を起用した。六角精児さんやともさかりえさんも出演する。江見さんは“おつむの弱い市民”など12、3役をこなして物語を彩る。

 非人道的な会社を巡る愛憎劇でありながら、ポップで愛らしく、演劇的で社会派な要素も含む。江見さんは「色んなことが盛りだくさんで、一生に一度見るか見ないか分からない舞台」と、その鮮烈な魅力を語る。

 江見さんはキッズミュージカルTOSUやティーンズミュージカルSAGAに所属後、ミュージカル女優を目指し中学3年で上京。数多くの舞台で経験を積む中、2017年に「上を下へのジレッタ」(倉持裕さん演出、シアターコクーン)で共演した竹中直人さんの「役の人物に変身しようとするのではなく、江見ひかるが芝居を楽しんで」とのアドバイスを胸に刻む。「江見ひかるが演じる、この舞台を見たいと言ってもらえる役者になりたい。人としても役者としても、芯の通った人でありたい」と力強い。

 これまで福岡市では何度もあったが「久留米でも舞台に立ちたいと思っていた」という。今作は「ミュージカルを見たことがない人にも見てほしい。パワー、情熱、色んなシャワーを浴びせてくれる作品」と語る。(花木芙美)

 

 開演時間は9日午後6時、10日正午と午後6時、11日正午。10日午後6時からの公演後は、古田さんらメインキャストと江見さんら九州出身者など11人が登壇するアフタートークショーが開かれる。チケットは全席指定でS席1万3500円、A席1万円。問い合わせはキョードー西日本、電話0570(09)2424(午前11時~午後5時受け付け、日曜・祝日休業)。

このエントリーをはてなブックマークに追加