七山の風力発電所計画を巡り、市が主催した説明会を求める要望書を提出する市民団体の代表=唐津市役所

 唐津市七山と福岡県糸島市にまたがる脊振山系で大和エネルギー(本社・大阪府)が計画している風力発電事業について、反対する市内の二つの市民団体が28日、市主催の説明会を開くことを求める要望書を峰達郎市長宛てに提出した。

 要望書を提出したのは、唐津市民の会と唐津市民会議。市が事業者に浜玉地区や中心部での説明会を申し入れたことに対し、「(計画予定地の)保安林解除による防災機能や景観の維持など、風力発電所建設は市政全般に関わってくる。市から、(設置することでもたらされる)利害についてや市の対応を説明してほしい」と求めている。災害や景観への影響を考える第三者機関の設置についても併せて質問した。

 要望書を受け取った堀田信政策部長は「関係部署で検討し、回答したい」と話した。唐津市民の会の代表世話人の藤瀬憲一さんは「土砂流出防止のために保安林があり、地元の人の命や健康が阻害されるのではと思っている。市の考えを説明してほしい」と話した。(横田千晶)

このエントリーをはてなブックマークに追加