九州新幹線長崎ルートを巡り、所感を述べたJR九州の青柳俊彦社長=福岡市の同社

 九州新幹線長崎ルート新鳥栖―武雄温泉がフル規格で整備された場合、分岐駅である新鳥栖駅が通過駅に一変する恐れがあると6月佐賀県議会で取り上げられたことに関し、JR九州の青柳俊彦社長は28日、「鳥栖と久留米はニーズがあるので、きちっと(新幹線を)止めている」と述べ、県の見立てに疑問を呈した。

 福岡市での定例会見で記者団の質問に答えた。青柳氏は「フル規格でやるという話すら何も決まっていない中、具体的なダイヤを検討しているわけではない」とした上で「街のニーズ、その時の状況によって決まる。(佐賀県が)断定的なことをおっしゃるのはよく分からない」と話した。

 フル規格になった場合の分岐駅も新鳥栖駅が適当との見解を示し「新鳥栖から分かれてというのがアセスをやったときの前提。駅の構造や最短ルートを結ぶ意味でも、新鳥栖駅が一番イメージした駅になっている」とした。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加