発表された九州新幹線長崎ルート(西九州新幹線)の車両「かもめ」やロゴデザインCDon Design Associates

 JR九州は28日、2022年秋ごろに暫定開業する九州新幹線長崎ルートで、フル規格区間(武雄温泉―長崎)を走行する新幹線「かもめ」の車両デザインやシンボルマークを発表した。「九州らしいオンリーワンの車両」をコンセプトに、白を基調に車体の下部は同社のコーポレートカラーの赤で仕上げ、マークやロゴを配置している。

 JR東海が開発した新型のN700S系を車両に用い、外観や内装のデザインを九州新幹線800系や「ななつ星」を手掛けた水戸岡鋭治さんが担当した。

 車体には平仮名で「かもめ」の文字を記した。毛筆の文字は青柳俊彦社長が自ら手掛けた。シンボルマークはカモメが飛ぶ姿がモチーフで、重なり合う三つの輪と共に仕上げた。

 自由席の座席は山吹色、指定席が各号車ごとに異なり、座席は1号車が濃いグレーに菊大柄、2号車が緑に獅子柄、3号車がベージュに唐草となっている。

 福岡市の本社で会見した青柳社長は「ぱっと見て九州の車両と分かる。(長崎線特急の)白いかもめの血を受け継ぐ車両」と説明した。水戸岡さんは「西九州の経済と文化と人を結ぶ、豊かで平和なコミュニケーションが生まれるような車両にしたいという思い。楽しさと美しさを追求した」と話した。

 開業当初は6両編成を4編成導入する。完成時期に関して青柳社長は「試験運転もしないといけないので、来年の春ぐらいには入っておかないと間に合わない」と述べた上で、日程は未定とした。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加