協定締結式で記念撮影した出席者=佐賀市の若楠公民館(佐賀市提供)

佐賀商業高フェンシング部と交流する子どもたち(佐賀市提供)

 2024年に佐賀県で開催される国民スポーツ大会(佐賀国スポ)のフェンシング競技を地域で応援しようと、佐賀市の若楠小校区の若楠まちづくり協議会は県フェンシング協会と連携協定を結んだ。競技の体験や試合の観戦などを通じてもり立てる。

 佐賀国スポでは佐賀市で15競技が予定されている。同校区内のSAGAサンライズパークにフェンシング場が開設されたことがきっかけとなり、連携協定が持ち上がった。

 若楠公民館でこのほど締結式が開かれ、佐賀国スポの佐賀市実行委員会会長を務める秀島敏行市長らも出席した。署名した若楠まちづくり協議会の原武継成会長は「一緒に盛り上げていこう」と呼び掛け、県フェンシング協会の中野武志会長は「フェンシングのホームタウンができて意義深い」と述べた。

 佐賀商業高のフェンシング部による競技の実演などもあった。(大田浩司)

このエントリーをはてなブックマークに追加