6月の佐賀県内は新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着いたものの、1人10万円の特別定額給付金や「巣ごもり需要」の反動で、大型店などでは前年より売り上げが減少した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加