バンド「前後のカルマ」の(左から) 西村諒次郎さん、西村晃史郎さん、森戸皓平さん(提供写真)

バンド「前後のカルマ」の(左から) 西村諒次郎さん、西村晃史郎さん、森戸皓平さん(提供写真)

 佐賀市出身の2人が所属する3ピースロックバンド「前後のカルマ」が、8月14日18時から同市松原のRAG.Gで開かれるイベント「Rock Spiral―前後のカルマ初音源リリースツアー―」に出演する。6月のCDリリースを記念したライブで、慣れ親しんだ故郷のライブハウスに凱旋する。

 ギターとボーカルを担当する西村晃史郎さんは佐賀北高、晃史郎さんの兄でベースとボーカルを担う西村諒次郎さんは致遠館を卒業。バンドは2021年に結成し、6月25日にミニアルバム「Creative Cult and Aura」(6曲入り、税込み2200円)を発売している。

 イベントには190R(福岡県)、松原リバーズエッジ(佐賀市)、THE ALUCARD(同)も出演する。チケットは2500円(当日500円増し)で要1ドリンクオーダー。問い合わせはRAG.G、電話0952(26)2687。(花木芙美)

 

 ◆佐賀ライブに寄せて、西村晃史郎さんのコメント

 佐賀でのライブというものは僕たちにとって特別なものがある。想うこともいろいろあるが、まずは佐賀での思い出あるあるを綴ることにする。

 テスト期間青少年センターに勉強しに行くと卓球の誘惑に負けそっちに没頭、結果疲労困憊で爆睡。これではダメだと思い県立図書館に勉強しに行くもクーラーの効いた穏やかな空気感に思わず爆睡。

 朝補習が毎日あるので早い人は朝5時とかに家を出る人もいる。だがみんなアハ補修の時間に爆睡してしまうので、この時間、家で寝てから学校に来た方がいいのではないかと考えている。

 ゆめタウンのフードコートに行くと絶対に知り合いがいる、とまあこういったところだ。

 話はライブに戻るが学生時代によく通ったラグジーで今、ライブができるのはとても感慨深い。ライブハウスもリニューアルし佐賀の街並みもたいそう変わってきているが、ライブハウス独特の雰囲気は健在である。こんな世の中だけれど、自分たちのロックンロールが1人でも多くの人に届き、佐賀の活気に繋がればと思う。ぜひみんなライブハウスに僕たちの姿を見にきてくれ。

このエントリーをはてなブックマークに追加