26日に行われた東京五輪フェンシング女子サーブル個人の試合で、アルゼンチンのマリアベレン・ペレスマウリセ(36)が敗戦後にコーチを務める交際相手の男性からプロポーズされ、受け入れる場面があった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加