佐賀市東与賀町にオープンした斎場「メモリードホール佐賀南」

 冠婚葬祭事業を展開するメモリード(本社・長崎県長与町、吉田昌敬社長)は、佐賀市東与賀町に斎場「メモリードホール佐賀南」をオープンした。27日、現地で竣工式が行われ、関係者や地元住民ら約50人が参加して完成を祝った。

 施設は平屋建てで、延べ床面積約400平方メートル、敷地全体の面積は約2088平方メートル。ホールは最大150人の一般葬を行うことができ、少人数の家族葬にも対応する。内装は明るくて木のぬくもりが伝わり、控え室にはリビングルームや浴室、ベッドルームなどを備える。イオン佐賀店の近くで、ドラッグストアモリ東与賀店の南側となる。

 竣工式で吉田社長は「『この地域にも』との会員の声にやっと応えることができた。地域に愛される斎場を目指したい」とあいさつした。同社の斎場は佐賀県内では22施設目。年内に小城市牛津町と武雄市にも斎場を開設する予定。(志波知佳)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加