男子81キロ級で優勝し、金メダルを手に笑顔の永瀬貴規=日本武道館

 男子81キロ級決勝 モンゴルのサエイド・モルラエイ(左)を攻める永瀬貴規=日本武道館

 男子81キロ級準決勝でベルギー選手を破り、笑顔の永瀬貴規=日本武道館

 東京五輪第5日の27日、柔道男子81キロ級で永瀬貴規(27)=旭化成=が優勝した。同階級での日本勢の金メダルは2000年シドニー五輪の滝本誠以来、5大会ぶり。

 今大会の柔道で、日本男子は初日から全4階級を制覇。男子の金メダル4個は現行の7階級では最多で、無差別を含む8階級が実施された1984年ロサンゼルス五輪と並んだ。女子は04年アテネ五輪で5個の金メダルを獲得している。

 永瀬は長らく苦戦が続いていた男子81キロ級で台頭し、15年の世界選手権で初優勝。16年リオデジャネイロ五輪は金メダルを期待されながら、銅メダルにとどまった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加