青森市の三内丸山遺跡

 オンラインで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産委員会は27日、青森市の三内丸山遺跡など17カ所で構成する「北海道・北東北の縄文遺跡群」(北海道、青森、岩手、秋田)の文化遺産登録を決定した。遺跡群は世界史上まれな農耕を伴わない定住生活と、祭祀も営む複雑な精神文化を示すとされ、世界文化遺産として国内最古。委員会は26日に「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄)を自然遺産に登録しており、国内の世界遺産は文化20、自然5の計25件となる。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加