「議会棟のワイファイ環境整備は困難」とする答申書をまとめた佐賀市議会議会運営等改革検討会=市議会会議室

 佐賀市議会議会運営等改革検討会(山下伸二会長)は27日、議会棟のWi―Fi(ワイファイ)環境の整備について、現段階では難しいとする答申書を取りまとめた。議会運営委員会の正副委員長に近く提出する。

 整備については2020年12月から6回検討してきた。答申書では、整備によりウェブ会議、議案審査時のパソコン持ち込みなどの活用が考えられる一方で、多額の経費が必要となる点を指摘した。使用目的や活用法を明確にし、安価な整備方法の検討を行って市民の理解を得るよう求めた。

 初期費用が296万~626万円、年間運用経費に14万~66万円かかる見積もりが示されており、山下会長は「5Gの活用などを含めて、技術の進展をみながら検討してもらえれば」と話した。(大田浩司)

このエントリーをはてなブックマークに追加